採用支援の概要と企業にもたらすメリット

企業にとって最も大切な財産は、人材であることに間違いありません。このことは、業種や事業内容に関係なく、全ての企業に当てはまることですから、採用担当者は、少しでも会社にとって有益な人材を確保するために、日夜努力をしています。
その一方で、労働人口の中でも、とりわけ若年層の減少は、採用担当者の頭を悩ます大きな問題です。こういった現象は、昨今の少子化に起因していると言われていますが、一部にはゆとり教育の弊害も影響していると分析されています。ゆとり教育は、競争のない穏やかな人間性を形成しましたが、同時に物事を最後までやり通す強い意志を失わせることにもなっています。
これは、若年層の仕事に対する取組み方にも出てきており、入社間もない社員がすぐに退社していくことからもわかります。

企業における採用に関する課題と改善策

こういった現状を打破するために、各社の採用担当者は、様々な工夫を凝らして、数少ない応募者の中から、より優秀な人材を確保することに躍起になっています。自社サイトはもちろん、転職支援サイトやハローワークなど、ありとあらゆる方法をもって対応しているのです。しかしながら、社内の採用担当者だけでは限界があり、マンネリ感は否めません。
そこで、最近注目されているのが、採用事務の部外委託です。これは、様々な業種や企業の採用事務を担ってきた業者が、企業の採用支援サービスを行うことです。企業にとっては部外委託を実施することで、採用事務の効率化が図られるだけでなく、独自のノウハウにより、その企業が最も必要とする人材を高確率で確保してくれますので、非常に大きなメリットを享受することができます。

人材の採用と育成を一括管理することのメリット

採用支援の目的は、短期的に要員を確保するだけではありません。その企業に勤める社員の年齢構成やスキルなどを勘案し、中長期的な採用方針を策定するととも、育成方針についても効果的な手法を提案します。
採用方針については、新規採用であれば、業種や企業の規模などを考慮して、必要とされるスキルや得意分野などを洗い出し、選考試験に反映させていきます。一方、中途採用は、即戦力として求めたいスキルや資格などを洗い出し、新規採用と同様に選考試験に反映させていきます。
こうして、採用した社員に対して、能力を引き延ばすためには、どういった研修や訓練を必要なのかを整理し、育成方針として提案しているのです。つまり、採用と育成は別々に対応するのではなく、一括管理することでより人材の能力を高めることができるのです。